カードローン 審査

カードローン審査に時間がかかるのはどういうケース?

カードローン審査では、そのカードローンもともとの審査にかかる時間にも違いがありますが、属性や信用情報など個人個人申し込み者によっても審査にかかる時間が違ってくる部分もありますし、また状況によっても審査時間は違ってきます。

 

しかし、できれば審査はスムーズに進めたいですよね。
カードローン審査に時間がかかるのは具体的にはどういったケースなのでしょうか?

 

審査が厳しく時間がかかるカードローンに申込をした

一般的に、低金利なカードローンは審査が厳しく時間がかかる傾向にあります。
お金を貸してきちんと返してくれる人かどうかを慎重に判断して行くからです。

 

「即日融資可能」としているカードローンでも、実際には審査に2〜3営業日程度かかるケースも多いですし、なかには1週間以上審査にかかるケースもあります。
また、審査ノウハウの確立していないカードローンも審査に時間がかかるケースがあるようです。

 

借入希望額が大きい

基本的に、借入希望額が大きくなればなるほど審査は慎重になります。
「1,000円貸して」と言われた場合と「10万円貸して」と言われた場合、どちらが長く悩むか、と言われたらやはり後者ですよね?

 

クチコミサイトをみても、やはり30万円など小額の融資ですと即日で融資を受けている方は多いですが、100万円以上といった高額の融資の場合には即日よりも翌日以降の融資実行となっているケースが多いようです。

 

申込み内容に不備がある

住所の番地が間違っていた、あるいは電話番号が間違っていたなど申込内容に不備があった場合、その確認作業が間に入りますから通常よりも審査に時間がかかってしまいます。
特に電話番号やメールアドレスは審査結果の連絡手段ですので、これが間違ってしまいますと審査結果の連絡は確実に遅くなってしまいます。

 

単純に申込が混雑している

例えば「今人気のカードローンで申込が殺到している」、また「13時前後など最も申込が多くなるお昼の時間に申込をしている」「年末で申込が混雑している」など単純に申込者数が多いタイミングのため審査に時間がかかるということも考えられます。

 

土日祝日に審査をしていないカードローンだった

例えば金曜日の夜や土日に申込をした場合、土日祝日に審査をしていないカードローンですと審査結果は休み明けとなってしまいます。

 

このように、カードローン審査に時間がかかる要因というのは、どうにもできない理由もありますが自分で回避しようと思えばできる要因もたくさんあります。
急いで融資を受けたい場合など審査に時間をかけたくないのであれば、まずは上記に挙げた要因については避けるようにして申込をしてみるといいでしょう。