カードローン 審査

住宅ローン審査でカードローンは影響する?

クレジットカードの利用が多かったりカードローンの利用が多いと住宅ローンの審査に通らない・審査に影響があるといったことで不安に思われる方が多いようですが、ほんとうのところはどうなのでしょうか?

 

特にクレジットカードなどは毎月買い物は全てカードで、という方もいらっしゃるでしょうし、カードローンも独身時代によく使っていた、なんて方も多いでしょう。
実際のところ、影響というのはどのくらいあるものなのでしょうか。

 

住宅ローンの審査は厳しいものですが、基本的にカードローンやクレジットカードを利用したからといって審査に影響するというものではありません
しかし以下の場合には審査に影響する可能性があります。

 

支払いの遅れがあった場合

クレジットカードでもカードローンでも、過去に支払いの遅れがあった場合、それが信用情報として残っていますと審査に影響します。
住宅ローン審査でもカードローン審査同様、審査の際には必ず信用情報機関に信用情報を確認します。

 

そこで他社での支払いの遅れの事実が記載されていた場合、住宅ローン審査に通らない可能性が出てきます。
住宅ローン審査はカードローン審査やクレジットカードの審査よりも超高額で超長期の借入ですから当然審査もその分厳しくなります。

 

延滞履歴など事故情報の登録期間は完済から5年と長期です。
将来的に住宅ローンを検討しているという場合には今から注意して利用するようにしましょう。

 

利用限度枠が残っている場合

クレジットもカードローンも、延滞も今までしていないしきちんと返済して来たのになぜか住宅ローン審査に通らない!というケースでよく見られるのが、解約をしていないカードローンの枠です。

 

カードローンというのは、利用限度枠内であれば何度でも繰り返し利用が可能という仕組みのローンです。
そのため、借りて返したら終わり、ではなく、返したあと空いた枠分はまたお金を借りることができます。

 

自分では完済したからもう終わり、という気持ちでいても、実際のところは「完済した」≠「解約した」で、完済と解約とは別の手続きなのです。
住宅ローン審査では、銀行にもよりますが、こうしたカードローンやキャッシングの枠というのは枠いっぱいまで借入があるものとして審査を行います。

 

使っていないカードローンは解約、使っていないクレジットカードのキャッシング枠はゼロにして、住宅ローン審査にのぞみましょう。

 

住宅ローン審査、もしも過去の利用状況などが気になるのであれば、自分の信用情報を取り寄せることができます。
住宅ローンというのはほとんどの方にとって一生に一度の大きな買い物。

 

ここは慎重に、信用情報機関に開示請求を行って、改めて確認してみるというのもいいかもしれません