カードローン 審査

銀行カードローンの審査は何が違う?

銀行カードローンの審査の場合、銀行の審査の他に保証会社の審査が行われます。
銀行カードローンの利用条件にも、「当社所定の保証会社の保証を受けられる方」といった記載が見られるかと思います。

 

そもそもなぜ保証会社の審査などという面倒なものが入ってくるのかといいますと、これは保証会社である消費者金融が審査のノウハウを持っているからなのです。

 

貸金業法の改正などにより多くの体力のない中小の消費者金融は淘汰されていき、大手消費者金融も単独での経営が厳しくなり、次々と大手銀行グループの傘下に入ることとなりました。
個人融資に関して高いノウハウを持つ消費者金融がグループに加わることで、銀行カードローンの審査はよりスピーディーとなり、スピード審査や即日融資に対応できるようになったのです。

 

ただしスピード審査が行われると言っても銀行の審査と保証会社の審査、二重の審査を通らなければならないことなどから、銀行カードローンの審査はやはり時間がかかる傾向がどうしてもみられます。
「即日融資可能」としている銀行カードローンでも、現実的には2〜3営業日程度かかるものが多いようです。

 

例えば三菱東京UFJ銀行カードローンとアコムなど、同じ消費者金融が審査をしているのであれば審査の難易度は同じなのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、低金利な銀行カードローンはその分審査を慎重に行わなければなりません

 

あくまでも銀行の保証会社としての審査になりますし、消費者金融単体を利用する場合の審査の基準とは当然のことながら違ってきます。

同じ消費者金融の審査、と言っても基準はいくらか厳しくなるものと考えておいたほうがよいでしょう。